読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十八漁場で、ボンジュール。

おはようございます。

kem0n0でし。

 

 

昨日も少々の残業をこなし、向かうは秋葉原

ガイアの夜明け」をみて以来、気になっていた「四十八(よんぱち)漁場」へ。

秋葉原駅昭和通り口すぐのアトレ2に入ってます。

 

こちらは「塚田農場」や、「じとっこ組合」など、

チャーン店でありながらちゃんとしたご飯が食べられる(失礼)

と評判のAPカンパニーがやってるお店です。

r.gnavi.co.jp

 

四十八漁場は、全国13ヵ所の漁場に社員漁師がいます。

地元の漁師さんと意見交換しながら魚の品質を落とさないよう

工夫して首都圏各地の店舗へ直送しているそうな。

 

「神経〆」と「徹底血抜き」(文字だけ見るとプロレス)

を駆使した、鮮度そのままの美味しいお魚が食べられます。

 

と、まぁ薄っぺらい説明をしたところでお料理も!

(肝心のお刺身の写真がないのは食べるのに夢中だったため♡)

(仕事で書いてるわけじゃないから許して♡)

 

 

 

f:id:kem0n0:20150903094242j:plain

これがお通しの「きびなごの干物と甘エビ」。

店員さんが食べごろにお皿に乗せてくれます。

どちらもレアなのに生臭くなく、旨味がぎゅっとして美味しいのだ。

 

 

 

f:id:kem0n0:20150903094212j:plain

「サバの燻製ポテトサラダ」

酸味の少ないクリームたいなポテトサラダに

サバの燻製がいいアクセント。ワインがほしくなる一品

(赤ワイン、白ワイン共に一種類ずつですがメニューにあります)

 

 

 

f:id:kem0n0:20150903094156j:plain

たぶん「(なんとか)カツオのカマ焼き」

今日のオススメのお魚から選んだカマ焼き。

ジューシーな焼き加減で美味しかった!

ある程度食べたら、店員さんが

「身だけほぐしてお持ちしましょうか?」

との嬉しい言葉をかけてくれます。(もちろんお言葉に甘えた)

 

 

〆は、「よんぱち海老塩つけめん」をシェア。

マジでスープがやばい。濃厚。

(お湯割までしてもらい飲み尽くした)

 

 

お会計をお願いすると、お味噌汁を出してくれるんだけどまた美味しい。

 

あー、美味しいものの為に生きてるわ、私。

初めてご飯のことブログに書いたけどお腹すくわ笑

 

あでゅー♡